そらねっと通信局 on はてなブログ

鉄道・旅・音楽・ラジオ・気象・教育、など

w-inds. Fan Club Live Tour 2018 "ESCORT" @ 横浜

気心知れる

このところ毎年、ファンクラブ会員限定のツアーをやってくれるw-inds.さん。今年は五大都市+横浜での開催でした。

タイトルは "ESCORT"。

どんなエスコートなんだろうと思いつつ、4月30日・最終日会場のパシフィコ横浜へ。

 縦横無尽「僕たちのHISTORY」へのESCORT

セットリスト情報は「REALSOUND」の当日レポート記事から(5/6付)。

w-inds.がひとつに繋ぐ、自分たちの過去と今ーー生バンド従え新旧楽曲披露したFCツアーファイナル - Real Sound|リアルサウンド 

1 STEREO (from "Timeless" 2014)

いきなり度肝抜かれたのがこれ。幕越しにうっすら見えるバンドの後ろから3人が出てくるのかと思いきや、まさかのバンドの中に3人みんないるじゃないですか!

センターにはKey.橘慶太、A.Guitarは千葉涼平、E.Guitarは緒方龍一という布陣。特にKey.は一段高いところに設置されて、さながら司令部のよう。

もともとはダンスが映えるナンバーでしたが、すっかりバンド向きのアレンジに。かっこよかったですね。

2 Long Road (from "w-inds. ~PRIME OF LIFE~" 2003)

からのこれ。2016.3.14の両国に響き渡った大合唱を思い出しますね。

この日も、慶太くんがマイクを客席に向けてきましたね。初期のw-inds.を代表する大切な曲のひとつとなったようです。「回り道でも迷ってもいい、そこにだけ咲く花を見つけるから」っていう歌詞もグッときますよね。solanet.hatenablog.com

3 ROUND&ROUND (from "w-inds. ~1st message~" 2001)
4 This Love (from EP "Time Has Gone" 2017)
5 黄昏One Way (from "MOVE LIKE THIS" 2012)
6 THE SYSTEM OF ALIVE (from "w-inds. ~THE SYSTEM OF ALIVE~" 2002)

ここは、最初のアルバムから新しいシングルへ、ちょっと前のナンバーからまた初期へとめまぐるしく行き来。ついて行くのが大変なほどでした。

7 This is the Life (from "Blue Blood" 2015)
8 Dirty Talk (EP 2018)

バンドスタイルの今回のライブにぴったりくる、"This is the Life"。 作詞が慶太くんなんですよね。このサビでの、ファンと世の中への宣言のような歌詞!

This is the Life 誰も

止められない My dance

世界中どこにいっても

I'll make you smile and happy

Like a knife your heart

射止める Stabbing

不可能を可能に変える

All the world's my stage

 その宣言からの最新曲なんて、こっちとしてはドキッとしますよね。

9 Still on the street (from "THANKS" 2006)

そしてもう一度、初心のストリートに戻っていくこの構成。

この楽曲を収めている"THANKS"が出たころなんて、知人のひとりが「これを最後のあいさつにして活動やめちゃうんじゃないか」なんてすごいマイナス妄想をしていたのを覚えていますが、そんなことはなく、むしろ安心して見ていられる感じが、今はありますね。

10 Dedicated to You (from "w-inds. ~PRIME OF LIFE~" 2003)

なんて感慨に浸ってたところへこの曲かよ!と思ってしまいました。いや、悪い意味ではなく…ちょうど数日前、全く以て個人的な話しなのですが、プレイヤーでこの曲を聴いていて故人となった友人Kを思い出していたところだったのです*1。パシフィコという場所のせいもあって、3人と一緒に口ずさんでいくうちに涙が止まらなくなっていました…。

11 We Don’t Need To Talk Anymore (from "INVISIBLE" 2017)
12 Time Has Gone (from EP "Time Has Gone")
13 Again (from EP "We Don't Need To Talk Anymore")

ちゃんと今に引き戻してくれてありがとう、と哀しみのどん底から救われた気持ちに。今回のバンドスタイルでこの3曲をやれるの?と思ったのですが、ちゃんとやれるんですね。

Againを聞くと、PPAPを思い出すのはわたしだけですよね、そうですね*2。「Oh,oh oh oh~~」をみんなで歌ってすっかりご機嫌になりました。

EN1 COMOUFLAGE
EN2 SUPER LOVER~I need you tonight

MCから

「お互いのことならよくわかる」その1

慶太くん「葉山さんがね、曲を書くときにはw-inds.になりきって書くんだって言ってたことがあって。5時間かかるときもあれば、スッと入れるときもある、って言ってた」(けど、自分で作るようになったのでその手間は省けてる、ようなことを言っていました)。

慶太くん「2人(涼平くん、龍一くん)のラップの詞、書こうと思うとすらすらってすぐ出てくる涼平くん「へえそうなんだ」龍一くん「こんなこといいそ~とか思いながら」慶太くん「うんうん」

「お互いのことならよくわかる」その2

慶太くん「だいたい龍一くんはライブ中こういう動き(一旦右手を天に伸ばし、上半身を縦に揺らしながら手を握りながら胸元へ下ろす)をするよね」龍一くん「やり過ぎだよ!この後まだあるのにさー、やりづらいじゃん!(笑)」(客席「慶太は~?」)龍一くん「これでしょ(サングラスを下にずらす)」慶太くん「あれはそういう振りですから」「涼平くんはなんだろうなあ…」「涼平はね、よくこれしてない?(舞台端に行き、斜に構えて客席をキッとみつめる)」(客席納得)

思い出せるけど思い出せないこと

涼平くん「曲は覚えてるんだけどねえ、振りが思い出せないの!」

小料理屋「涼平

慶太くん「17年でだいぶお互いのことは分かったきたけど、実はこの間ショッキングなことがあって」「涼平のことを俺らはまだかなり知らないんじゃないかと」涼平くん「だってふたりが入ってこないんだもん。ドアは開けてあるのに。」龍一くん「いや、《やってます》って看板出してくんないと!のれんとかさあ。《あ、やってないんだな》って思って通り過ぎちゃうじゃん。」慶太くん「これはね、次の17年で徐々に暴いていくことにしましょう。」

 岡崎体育さんと

ミュージシャン岡崎体育さんとw-inds.とで、衛星テレビの企画で共演するライブがあるんだそう。

慶太くん「岡崎体育さんに《ミュージックビデオ》って曲があるんだけど、俺らあの曲の中で言われているやつだいたいコンプリートしてるんだよね。《カメラ目線で歌いながら歩いてる》とか《急に両サイドからメンバーが出てくる》とか《カメラを手で隠したら場面が変わってる》とか…(笑)」「みんな、でも、面白いところだけ注目しているけど、岡崎さんの音楽めっちゃすごいですからね。楽しみです」

岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video - YouTube

 

*1:2007年、Journeyツアーで初めてw-inds.のライブを見に行きました。Kがチケットを取ってくれ、宇都宮と千秋楽の日本武道館へ。武道館に一緒に行ってくれた彼とは、その後もパシフィコ横浜含め何度もw-inds.のライブ会場で会っていました。音楽・ライブ大好きなKでしたが、2013年秋に他界の報が届きました…。

*2:慶太くんが自作のPPAPの別バージョンを作ったのって、この曲を作っていた時期ではないかと…。