そらねっと通信局 on はてなブログ

鉄道・旅・音楽・ラジオ・気象・教育、など

w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE" - Members' talk

メンバーよりちょっと年上の男子*1crewがまとめw-iinds.ライブレポ。昨年と同じように、セットリスト、演出についてなどは別記事にし*2、それぞれの会場ごとのおしゃべりをこちらの記事にまとめています。今回の僕の参加予定は次の通り。

なお、例によっておしゃべりの内容は概要です。カギ括弧付きで引用しているところも正確ではないことをご承知の上、お読みください。誤りのご指摘も、遠慮なくどうぞ。

 

 2017年7月20日(木):埼玉・サンシティ越谷公演

雨男にしてはよく晴れた

w-inds.的には降らないと困る*3が、今日はよく晴れた、件。ちなみに開演前に公式Twitter@winds_tvからも…

黒千葉様、冒頭よりさっそく降臨

どかんと盛り上がった感じにならない、という話になり、涼平くん「もっと若いころはキャピキャピしてたんでしょうが…」。そこへ慶太くん・龍一くんが「いやいやその言い方はない」と突っ込み「落ち着いたオトナな感じになられて」と修正に。

gdgd感、やはり冒頭からさっそく

いつもなら、3人それぞれのあいさつと名乗りがあってからトークになるところが、そのまま普通にしゃべり始めてしまい、あいさつや名乗りがないままになってしまうという事態に。「名乗らないのがオトナのスタイル」だから、とごまかしにならないごまかしをしてました。

不倫の話も音楽ならば。

龍一くん「みなさん不倫は好きなんですか?」。音楽にすると言えないことも言えてしまうのでは、と言う話に。

よく言ってますねこの話。

グッズのただしい使い方

慶太くん「Twitterでアンケートを取ったら、レインコートを作って欲しいという話で、それで作ったんですけども…」というところでファンから「高いよ!」。これに慶太くんが反論せず「そう、意外と高くなっちゃってねえ」とぼやきに。龍一くんが「大丈夫です。ちゃんと防水になってます。」「1000円のバッグも、100万円のバッグも、バッグはバッグです。」さらに「(元々w-inds.はストリートでやっていた。そんなときに雨が降ると)傘だと隣の人と距離感が出ちゃうでしょ。」と、レインコートの優位性を説きはじめると、そこへ慶太くんが「今回のペンライト*4も傘みたいですけどね。」と別方向へ。涼平くんがそれを受けて答えたのが「でも傘持ってこうやってたら(振るしぐさ)ヤクルトスワローズじゃないですか!」。そして龍一くん流、ペンライトの使い方は…①照らす(停電時に)②集める(ものをこぼしたときに)③角測る(角度を知りたいときに)。

いつになくぎこちない3人

涼平くんは舞台、慶太くんは楽曲制作、龍一くんはバンド活動とばらばらになっていたため、MCでの息が合いにくいと感じていたそう。

ただの涼平ファン

涼平くんが客演した舞台「ピカイチ」を見に行った慶太くん・龍一くん。龍一くんは最初見てない人のことが気になったようですが(気配りの龍一くんですね)、結局話すことに。ところが龍一くんの話す「面白かったところ」がほぼ涼平くん演じる「豪徳寺」が演じるところばかり。慶太くん「この人、ただの涼平くんファンじゃないですか!

龍一くんの衣装から…

衣装の袖で汗を拭き始めた龍一くん「ぶっ、これペットショップのにおいがする!」。慶太くん、涼平くんも嗅ぎ「ドッグフードのにおいだ!

パツキンな3人

YouTubeでリリース発表、iTunesで先行配信している曲について、慶太くん「PVの撮影前日にお風呂で頭洗ってて…『モノクロのPV…金髪?!』って思って。」夜中に行きつけの美容師に連絡を取って、翌日朝一番で髪色を変えたのだそう。ほかのメンバーもそれぞれの事情があって明るめの髪色。髪色の明暗、全員がそろってるのは珍しい。

素直なのは誰だ?

慶太くん「(MCが長くなってくると)お客さんも、曲も聴きたいし、MCも聞きたいし…って難しい空気になってくるよね」。龍一くんとふたりでそんな話をしているところで、太めの声で涼平くん「素直になれよ」。苦笑しつつも慶太くんが「一番素直じゃない人に言われた!」。じゃあw-inds.で一番素直なのは?「この人でしょう」と指さされたのは龍一くん。「上がいたかあ!」と涼平くん。

 2017年8月13日(木):広島・上野学園ホール公演

連れてこられた人

龍一くん「アルバム聞いて楽しみにしてた方も、去年から楽しみにしてた方も、連れてこられた方も

(会場どよめく)

慶太くん、涼平くん「いまの反応は、いるってことですね!」(うれしそう)

「僕たちはカゲロウみたいなもの」

ステージは2時間、そこに全部を賭けてやっている、というのを、昆虫の一生に例えようとしだす龍一くん。最初はカゲロウだといってたのですが、セミだとか、そうでないとかやや混乱ぎみに。

三人の関係性と世代差(?)

11日の福岡公演から中一日おいての広島公演。昨日は広島でのオフ日だったようで、メンバー、ダンサー一同でのBBQだったそう。

それを受けての今日のお話。龍一くん・涼平くん二人での曲が出ることからの、

慶太くん「僕と涼平くんのはまだないんですよね」

涼平くん「でもプライベートではほら、俺と慶太は結構仲いいじゃん」

龍一くん「なんかそれ...」

慶太くん「うん、なんかまるで僕と龍一くんが普段仲悪いみたいな

とはいいながら、メンバー3人の絆が強いのはファンもよく知っているところ。

涼平くん「よく仕事で他の方に『3人仲良いですよね』って言われるんですけど、それが当たり前だと思っているから...」

 「謝ってください!w」

前日のオフでは、慶太くん・龍一くんは若手ダンサーさんとわいわいして過ごし、メンバー内で1つ歳上の涼平くんは先輩ダンサーさんとまったり過ごし*5ていたのだそう。そんな話から

龍一くん「でも涼平は前から...」

慶太くん「いや、そんなことない、昔はもっとこう、はっちゃけてた(龍一くん「そうだ」)。『コマネチ!』とかよくやってた。でも最近しないね。」

涼平くん「今だってギャグはしますよ?」

慶太くん「えっ『コマネチ!』はしないけど、もっとこう…」

龍一くん「『ハイレグ!』とか」

慶太くん「それはだめでしょうwww」

(ここで涼平くんに「やって!」の声)

涼平くん「ここで?やるの?じゃあ...『も◎こりも×みち!』

慶太くん呆れ返り「今のはだめ!も×みちさんに謝ってくださいよ!」「だいたいそれだって久しぶりに聞いたわ!いつやってたの?」

涼平くん「時々やってたよ?」慶太くん「知らねーし!!(笑)」

新(珍)説「カバチタレ」論

昔はやんちゃが過ぎて「しょっちゅう慶太に怒られてたンすよ」という龍一くん。

「慶太にはいろいろ教えてもらいましたよ。《粗相》って言葉も慶太に教えてもらいました。最初方言だと思ってたくらいですからね。あと《横着》とか。あれ福岡の方言ですよね

一同「え~っ!?」「(こっちでも)言うよ~」

龍一くん「じゃあ広島くらいまでの…えっほかでも言うの?でも東京くらいまででしょ。俺がいた北海道には・・・」

涼平くん「いや、俺だって知ってたし!」*6

そこから方言の話へ。初めて覚えた福岡弁が「きさん、ちかっぱちゃくい*7」だという龍一くん。それに慶太くんが「僕の育ちが悪いみたいに聞こえるからやめてwあんまりいい言葉じゃないし。」

からの、龍一くん「広島にもそういう言葉があるんですか?」(観客「カバチタレ!」)「それはどういう意味?」

慶太くん「聞いたことあるかも...ドラマ?漫画?だよね」

龍一くん「わかった、『このカバチタレがおいしいんですよ』みたいなやつだよね。お店によってはこう、何年もかけてさ」

…それは鰻の蒲焼きのたれじゃないですかねwww

その後、「屁理屈をこねる人」のことだとわかったものの、「僕の中では『カバチタレ』は『丼』だということになっています」と言い続ける龍一くんでありました。

ちなみに三人の中で一番屁理屈をこねるのは慶太くんらしいです。

布の面積

途中でノースリーブに着替えた龍一くんを見て

慶太くん「龍一くんは回を追うごとに布が薄く...というか、面積が減ってますよね。」

準備中でオフマイクの龍一くん、袖からなにかを手繰り寄せる動作。

慶太くん「だんだん糸がほどけていって(そのせいで袖が短くなっていって)いると...武道館までにはどうなっちゃうんでしょうねえ。

そういえば昔、龍一くんは写真集でトレーニング中のタンクトップ姿を披露してますね。もしかして、武道館・・・

2017年9月3日(日):仙台・トークネットホール仙台公演

オーディエンスが浮いちゃうライブ

最新アルバムからの数曲、観客が「わー、きゃー」といういつもの感じではなく、聞き入る・見入る感じだった状況から、龍一くん「なんかこう、不思議な空気感だね。かっこいいんだけど~、声出す感じじゃない、みたいな」慶太くんが苦笑っぽい笑みを浮かべているのを見てさらに「わかりません?こう、1cm浮いちゃう感じの」KT「あー、浮遊感はありますよね」

ゲームアカウントの効用?

ここからゲームの「浮き上がる技」の話になり、それはドラゴンクエストだとか、ファイナルファンタジーだとかいう話に。

慶太くん「ゲームの話はさ、みんながついてこれないからやめよう」

龍一くん「最近ゲーム用の(Twitterの)アカウントを作った人が何を言ってるんすか!

慶太くん「あっ…(笑)。そう、最近作ったんですよ。なんかさ、そのままだと『こいつまた曲作ってるよ、曲作りしかしてないよ』ってマシーンみたいに思われるのが嫌で。こう、人間っぽいところを出そうと思って。そっちを通じてまた新しい出会いがあれば。」

龍一くん「別にここのこの場(ライブ)だって出会いと刺激があるじゃないですか。そんなネットの世界に、自分を置いてこないでください!

ライブが終わって帰宅するときに、自分の中に得るものがあった感覚があるんですよ、という龍一くん。

世界最短のライブに耐えられない人は…

慶太くん「ライブってさ、だいたい2時間くらいじゃないですか。あれ、誰決めたんでしょうね。

涼平くん「そうだねえ。何度か行っていれば別だけど、初めての人のライブに行くことになると、『だいたい2時間くらいだからそのあと飯食って』なんて話になるよね」

慶太くん「でも、あれ、3時間でもよかったわけですよ。いつどうやって『2時間』って決まったのか知りたい。」*8

龍一くん「初めての方、大丈夫ですよ。うちは3時間くらいやりますから」(慶太くん涼平くんちょっと慌てる)「すみません冗談です…!」

というやりとりから、「世界で一番短いライブってどのくらいだったんだろうね」という話になり、

龍一くん「One! Two! Three! Four! じゃじゃじゃーん、くらいじゃない?」涼平くん「それわざわざ足を運ぶまでもないね」慶太くん「ボーカルも要らないねえ」

からの、龍一くん「やってみる?…じゃかじゃーん」

慶太くん「入れなかった!いまカウント待ってたんだけど」

龍一くん「ライブでカウント言わないでしょう。失格!

涼平くんがささっと龍一くんの脇へ入り

龍一くん「じゃかじゃかじゃーん」涼平くん「ハァ~~~♪

会場からは拍手。涼平くん「不完全燃焼だわ~。喉開いた瞬間に終わったわ」慶太くん「俺、(さっきの審査に)落ちちゃったから、w-inds.は2人になりました…」

安心感のあるMCぐだぐだについて

慶太くん「今日初めてきた人、このMCにびっくりしてるよね。俺ほかのライブにも行くけど、こんなMCじゃないよ」

涼平くん「もっと(人数が)いるグループだとさ、たとえば5人いたら1人ふざける人がいるよね。」

慶太くん「w-inds.は全員がぼけるから誰もツッコまずに終わるんだよね。昔は言われてたんですよ、会社の偉い人に。でも音楽やダンスの勉強はしたけどしゃべりの勉強はついぞしませんでしたねえ。で、結局このままです。もう諦められたのか怒られもしません。」

龍一くん「たまに言われるよ。今日、龍一暴走してたね、って…あっそれ褒めてなくない?」

慶太くん「で、龍一くんは暴走しようとしてしゃべると、滑るんですよ。そのつもりがなくて暴走してった方が面白いの。」「みなさんね、(w-inds.に対して)ちょっとは厳しくした方がいいですよ?みなさんが甘やかすからこんなになっちゃって」

こういうとき急に他人事モードになる慶太くんが面白いですね。

「うちの龍一がこんなに可愛くないわけがない」

今回のツアー、進行上、涼平くんひとりでのMCの時間帯があります。

「今日もね、それぞれ地元でインタビューを受けてきたんですよ。仙台と言えば思い出が一杯あってね。デビュー当時、初めていただいたレギュラーのラジオ番組が仙台でね。」

「番組の…あれは公開収録だったのかな?の時に、公園でやったんですけど、ファンの方がみんな見てるときに、龍一くんがちょっとクールなモードだったんですよ。で、公園のこういう(車両進入防止の)柵をこう飛び越えようとして、引っかかって、こけちゃったんですよ(笑いが止まらない涼平くん)。彼、可愛いんですよ。うちの龍一くんは(笑)

と、話してるところへ慶太くんと龍一くんが戻ってきて

涼平くん「大丈夫ですか今日は。こけたりしませんか?」

龍一くんわざとこけて『助けてー』のように手を伸ばすと、ファンから「可愛い~」の声。

慶太くん「僕らね、もう32にもなるんですよ。なのに可愛いって。」とツッコまれ涼平くん「w-inds.の末っ子ですから」

ニコニコの龍一くんを見つつ慶太くん「末っ子ってさあ、ここ(慶太くん)とあそこ(龍一くん)、1日しか違わないんだけど」*9

涼平くん「慶太はね、お父さん」慶太くん「お父さん!?じゃあ涼平くんは?」「僕はほら、自由人だから。お兄さんくらいで」「そーやってまた良いところを持ってこうとする!」

衝撃の告白

MC中に慶太くん「おれさ、いつもと違ってこんなとこ来てみたりしたら」とステージ上手端へ。それに対して涼平くん、龍一くんが下手側端へ。すると…

慶太くん「いま、俺、『信じられな~い』『人間じゃなーい』って言われたんですけど!誰のライブを見に来てるんですか?」

龍一くん「カッコいいってことじゃないの?」

慶太くん「こっちはね、人間じゃなくならないと来れないんだ」

龍一くん「俺らは人間ですからね。もう20年一緒にいるし…。ちょっと待って?涼平くんの全身を上から下まで見回しつつ)中学生の時から見た目変わってなくない?*10

涼平くん「変わってるわっ!…ん、いや、ついに言わなければならないときが来たようだな。実は18の時に母親にサイボーグにされたんだ」

慶太くん「わっかりやっすいウソついたな~。この話続くんですか?」

涼平くん「続きませんw続けないでくださいw」

慶太くん「龍一くんはどうなんですか?」

龍一くん「俺もね、19の時にサイボーグにされたの。涼平のお母さんに

慶太くん「ふたりともデビューした後だ!せめて前にしてくださいよ。」

涼平くん腹を抱えてしゃがみ込む。

慶太くん「大丈夫ですか?」涼平くん「いや、ね、うちのかーちゃんが龍一くんのことサイボーグにしてたら受けるなーって思って」

龍一くん「で、慶太はいつからなの、サイボーグ」

慶太くん「俺?俺、生まれたときから。だからね、両親いないの。博士はいるけど。基本的に全部パーツだから。筋肉もあれ、パーツ付ければ戻ってくる。って、3人ともボケてたら誰もツッコまねーし!」

でもね、2時間前後のブレイク無しのライブをほぼぶっ通しでやり続けるわけで、常人離れしたものすごいことをやってのけてると思いますよ、3人とも。

もしかしてこの話、宮城出身の漫画家石ノ森章太郎さんの『サイボーグ009』に…引っかかってたり?

その節は大変ご迷惑を

最近SNS発信が頻繁な慶太くん。仙台入りの時も、新幹線車内から涼平くんと隣同士の写真をInstagramにアップ。ところが「仙台」の代わりに「新潟」と書いてしまうミス。

 

仙台へ向かいます。 #仙台 #Invisible #Tour #w_inds

Keita (w-inds. 橘 慶太)さん(@keita_1985)がシェアした投稿 -

龍一くん「その時おれこの辺(ふたりの前)でこうやって(本を読むしぐさ)」

慶太くん「あのさ!そうやって無理矢理入ってこないでくれる?(龍一くん「てへ♪」みたいな笑い)この話このあと、あなた一切出てこないから!」

「…っとまあ、こうやって撮ったわけですよ。で、コメントを書きながら、涼平くんと髪の色の話をしてたんですよ。新潟までには変えようかなって。そしたら『新潟』って打ってそのまま【送信】って。すぐ気づいたんですよ。涼平くんに見せて『俺、新潟って載せちゃった!消さなくちゃ』って。でも、その間にものすごいみなさんのリツイートが。」

涼平くん「慶太間違ってるwww!リツイートwww!ってね」

龍一くん「俺はカシャって音がしたんで(本を読むしぐさをしつつ)『写真撮ってるな~…間違った?削ツイ、削ツイ』って思ってましたw」

慶太くん「30秒くらいですぐ直したんだけどなあ」

龍一くん「画面にさ、ほら、通知が来るから」

慶太くん「朝、車で駅まで行ったんですけど、その時にマネージャーと『牛タンあるかなあ~』って話をしてたんですよ。」

涼平くん「牛タンの話までして!仙台だって思ってたのに!『新潟』www いやー、でも間に合ってよかった

慶太くん「いや新潟には行ってませんから!なんだったら隣にいたじゃないですか」

涼平くん「いや、こう分かれて…そっちだけ新潟に」

前後じゃなくて左右に分かれる鉄道車両なんて初めて聞きましたよww

ライブ後に食べたいものは?

アンコール終了後にはける際、

慶太くん「牛タン食べよっ!」

涼平くん「もう食べたじゃん」

慶太くん「2回食べないとダメなの」

涼平くん「俺はね、萩の月

慶太くん(親指でステージ袖を指しつつ)「ありましたよ楽屋に。戻ったら食べよ!」

なんてふたりがやりとりしているところを、龍一くんがスッとはけて行こうとしたのを

慶太くん「こういうときさあ、急に龍一くんクールだよね。『食べ物の話なんかしません!』みたいな感じでさ。こんな風に。この流れで何か食べたいものはない?」

龍一くん「ずんだ!」「俺豆好きだからさ」

やっぱり仙台=牛タンなんですね。来年もこの展開になるかな?

*1:おっさんだろって?うるせーよw

*2:最終公演終了後に公開します。

*3:しばしば雨男と言われている。

*4:ツアーロゴの正三角形を模したため、庭仕事用の小型スコップのような形になっている。

*5:あまり日に当たると日光アレルギーが出るそうです。

*6:ふたりとも北海道出身。ファンの間ではまとめて「道産子」と呼ばれることが多い。

*7:「おまえ、すごくずるい」の意味?。

*8:ちなみにkk_solanetこと「けいきっと」の初参加のロック&ポップス系ライブは4時間ほどでした。THE BOOMのデビュー15周年記念の日本武道館ライブ。

*9:慶太くんが12月16日、龍一くんが翌17日生まれです。

*10:ファンの間では、メンバー内でも特に年齢不詳な人として通っている涼平さん。Twitterで「年代順に並べ替えてください」と涼平くんの画像を並べたクイズを作った人がいたくらいです。